4_japanisch

ステートメント

 

IDEA

キャラバンは、世界中の女性と男性が、搾取や強制、戦争のないグローバルな人間社会の再構築について話し合う活動です。半分は男性、半分は女性で、アウトサイダーやマイノリティを含む、あらゆる文化、あらゆる社会、生産領域から集まった彼らは、西アフリカから東アフリカへと移動するキャラバン隊を形成し、人類の生存に必要な問題を議論します。国連とは異なり、特定の国や団体、企業の利益を代表するものではなく、すべての人々の生存のためのニーズを形成しています。

彼らは文化の対話を行うために集まります。倫理的な価値観について話し合い、社会の変化、可能な新しい共同生活の形、人権、法律と正義、科学とエコロジー、合理性と非合理性について意見を交換し、創造的な才能を持つ人々はこれらの内容を芸術的な形で表現します。

彼らは、食料、健康、紛争に関する協議会や、本会議での一般的な質問などで、共に生活することを組織しています。

コミュニケーションは英語で行われ、すべての結果は記録され、公開されます。

彼らには、砂漠、医学、技術の専門家が同行します。

PHILOSOPHY

2050年には、この惑星の人口は約100億人になると言われています。

人類が生き残るために必要な質問は、宗教や哲学など個人によって答えが異なります。Caravanの仕事は、これらの答えをまとめることです。そのため、キャラバンは非政府的、非宗教的、非イデオロギー的な活動であり、このような姿勢の人たちを集めています。彼らは、既存の権力構造や経済構造の中でどうすれば改善できるかを考えるのではなく、生き延びるためだけでなく、そもそも人類になるためには何を変えなければならないのかを考えている。

人間は何千年もかけて、平和的に共存できる条件を整えてきました。すべての人間が、きれいな飲み水、十分な食事、住居、教育、そして発展するための自由を手に入れることができる。世界は、80億人の国民すべてに、何倍もの開発、創造性、技術、生きる喜び、芸術、娯楽、喜び、気晴らしを提供することができます。

理由はありませんが、逆の場合もあります。しかし、この反対は人間が作ったものだから、人間が現実のものに変えることができる。

GOAL

世界中の人々が、全世界が共に生きるためのモデルを作る。

大勢の人が少数の人の命令に従って生活するのではなく、全員が他の人の自由を可能にする世界です。

は、一部の人の利益を最大化するのではなく、技術や知識の恩恵をすべての人と共有する世界を目指しています。

キャラバンの目的は、世界の人々に自分らしさを感じてもらうこと。

“We are the world”

とは、人に押し付けられるのではなく、自分の考えとして人の中に生まれてくる意識のことです。

2021年7月、イニシエーター

詳細

参加基準

キャラバン参加者が話し合うべき質問

背景となる考え方

現在の飲料水の取り組み

インタビュー

madujara@gmail.com