eau-Japanisch

飲料水の年

 

飲料水は、人間が生きていくための基本的な手段です。

大多数の人々は、飲み水を直接手に入れることができません。

飲料水の不足は、がんやエイズ、熱帯病などを差し置いて、特に子どもの死因として世界中で最も多い。

飲料水の不足は、村から大都市への移住やテロの最初の原因となります。

若い女性は売春の誘惑に、若い男性は人身売買やテロ組織の罠にはまり、伝統的な社会的つながりを失ってしまう。

移民やテロの原因に対抗するためには、世界の最後の村に飲料水を供給するための世界的な努力が必要です。

世界の豊かな国々が出資するシンクタンクでは、この目標を持続的に実現するための研究が行われています。

多国籍企業、特に食品分野の企業は、科学者が作成した計画の実現に資金を提供しています。

ドイツ政府は、このプロジェクトを「飲料水の年」という包括的な言葉で、できるだけ早く実施することを国際社会に提案し、その実現に向けて率先して取り組んでいます。

 

クリストフ・ワケナゲル – ミュンヘン、2019.12.3